ポチタマ写真館

ポチとタマの写真を中心に色々な写真を紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年上海旅行1

2010-07-10-Sat-00:27
2010上海1
上海市(シャンハイし)は中華人民共和国にある直轄市の一つであり、市区人口は949万人、都市圏人口は1657万人で共に中国最大である。
アジア第二位の株式市場を誇り、中華人民共和国を代表する世界都市である。
2008年には、グローバリゼーションと世界都市の研究グループおよびネットワーク(GaWC)により、パリ、香港、東京などと同ランクの第1級世界都市+に選ばれている。
中華人民共和国最大の商業・金融・工業都市であり、上海市が公表している調査によると、2008年の上海市の市内総生産は1兆3698億元(約18兆円)であり、一人当たりでは73,124元(約95万円)である。
また、プライスウォーターハウスクーパースが公表した調査によると2008年の購買力平価で計算した都市圏GDPは2330億ドルであり、世界第25位である。
フリー百科事典『ウィキペディア』より

2010上海2
左の建物
ジンマオタワーは中華人民共和国上海市浦東新区に位置する超高層ビル(高さ420.5m、88階)。
ビルの最上階は有料の展望台として公開されており、東方明珠電視塔や上海環球金融中心の展望台と並ぶ人気の展望ポイントである。
また、53階から87階には、このビルのメインテナントであるホテル「グランド・ハイアット上海(中国語:金茂君悦大酒店)」がある。ホテルより下は上海ダイヤモンド取引所をはじめとする様々なオフィスが入っている。
右の建物
上海ワールドフィナンシャルセンターは、中華人民共和国上海市浦東新区(金茂大厦421mの隣)に位置する超高層ビル。
上海ヒルズとも。
所在地は上海市浦東新区世紀大道100。高さ492m。2010年5月現在世界第3位(中華人民共和国で第1位の高さ)の超高層ビルである。
「最高フロア高さ」と「軒高」では台北101よりも高く、ブルジュ・ハリファに次いで世界第2位である。
当初、完成すれば台北101が完成するまで世界一の高さとなる予定であったが、後述の事業凍結を挟んだ事で、結果的に世界1位の座は獲得できなかった。
但し、展望台の高さ(地上474m)はブルジュ・ハリファ竣工後も世界一を誇る。
延べ床面積は東京の六本木ヒルズ森タワーとほぼ同じ、約38万m²。総事業費は約1250億円。
森ビルにとって、中国で3棟目のビル開発として計画された。
2001年の完成を目指して1997年10月に着工するも、基礎工事完了後、アジア通貨危機やSARS、日中関係悪化の影響を受け計画が頓挫した。
この中断期間の間に大幅な設計変更を行い、ビル内部空間を広くするという流行の変化(当時)を受け、フロアの天井高を2500mmから2800mmに変更し、同時に建物規模を94階建から101階建(460m→492m)へ増やした。
これに際し、世界一高い展望台や最上部の穴も追加された。
これら一連の変更について森ビルの森稔社長は後に「逆風をバネにして飛躍した」「中断期間があったから上海のランドマークは誕生した」と延べている。
5年間の中断後、好調な中国経済に後押しされ2003年にプロジェクトが再始動、2004年11月に建設を再開した。
2008年6月からテナントの入居が始まり、事業着手から14年の時を経て同年8月28日に竣工、8月30日から本格開業。
開業前に現地で開いた記者会見で森稔社長は「日本では"無謀"と言われたが、やめようとは一度も思わなかった」と振り返り、「国際金融都市の新しい幕開け」と表現した。
フリー百科事典『ウィキペディア』より

2010上海3
上海テレビ塔から見た風景

東方明珠電視塔(とうほうめいじゅ-でんしとう)は中華人民共和国上海市浦東新区陸家嘴金融貿易区に位置するテレビ塔。
高さ467.9mで、アジア第1位、世界ではカナダのトロントにあるCNタワー(553.3m)、ロシアのオスタンキノ・タワーに次ぎ、第3位の高さを誇る。
上海テレビ塔、オリエンタルパールタワーとも呼ばれる。
展望台は3つ、350m、263m、90mの高さのところにある。
1990年着工、1994年11月完成。総建設費8.3億元。
映画『ゴジラ FINAL WARS』では、怪獣アンギラスの攻撃で空中戦艦が墜落した際に、派手に破壊される場面がある。
フリー百科事典『ウィキペディア』より

2010上海4
黄浦区ナイトクルーズで見た景色

外灘(ワイタン、ピンイン:Wàitān、がいたん)あるいはバンド(英語名:The Bund)は、中国・上海市中心部の黄浦区にある、上海随一の観光エリアである。
黄浦江西岸を走る中山東一路沿い、全長1.1kmほどの地域を指す。
この一帯は19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地区(上海租界)であり、当時建設された西洋式高層建築が建ち並んでいる。
租界時代の行政と経済の中心であったことから現在も官庁と銀行が多いが、ジョルジョ・アルマーニやカルティエなどの大型旗艦店や、租界時代のレトロな雰囲気を売り物にしたバーやレストランなどが建物の中に入るようになり、お洒落な街並みに変貌しつつある。
外灘の建築物群は、1996年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定された。
フリー百科事典『ウィキペディア』より


スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。