ポチタマ写真館

ポチとタマの写真を中心に色々な写真を紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年G.W.ロンドン旅行~ドーヴァー~

2009-06-13-Sat-19:54
2日目、3ヵ所目の観光は、ドーヴァー。

ドーバーは「ドーバーの白い崖」(White cliffs of Dover)で有名です。
崖は英国の通称「アルビオン」(Albion)の由来にもなっており、「アルビオン」とはラテン語で「白色」という意味である。
古ブルトン語の「デーバー」(water)に由来し、「水」という意味であり、フランス語名は「ドゥーブレ」(Douvres)と発音する。
ヨーロッパ大陸と接近しており、フランスのカレーとの距離はおよそ34kmであり、それゆえドーバーは英国で最も忙しい港。
フリー百科事典『ウィキペディア』より

09ドーヴァー1

ホワイト・クリフ(White Cliff) 
ドーバーの港の東側から、高さ100mほどの白い花崗岩の崖が数kmにわたって続く海岸で、大陸から船で海峡を渡って最初に見るイギリスの景色として有名です。
崖の上からは対岸のフランスを望むことができます。
町の北のクリフの上に、12世紀に造られた要塞「ドーバー城(Dover Castle)」があり、その地下には第二次大戦中にイギリス軍の軍事戦略の拠点となったトンネルや地下室が復元されています。
海外旅行準備室より

ドーヴァーの海岸は、日本の海岸と違って砂利でした。

09ドーヴァー2
↑ドーヴァー城


 ドーヴァー観光の後はグリニッジに行き、グリニッジからはテムズ川リバークルーズというこだったので、のんびりと解散地点のエンバンクメントまで行くと思っていましたが、高速船で戻っただけだったのでちょっと残念でした。
 エンバンクメントに到着し、オプショナルツアーは終了しました。

 エンバンクメントに到着したのは6時半くらいでしたが、この時期のロンドンは日が長く、8時半ぐらいまで明るいのでロンドンアイに乗ってからホテルに帰りました。
 ロンドンアイに乗るのは、これで2回目です。

09ロンドンアイからの国会議事堂
↑ロンドンアイから撮影したビッグベン&国会議事堂







スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。