ポチタマ写真館

ポチとタマの写真を中心に色々な写真を紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年G.W.ロンドン旅行~カンタベリー~

2009-06-13-Sat-11:10
2日目、2ヵ所目の観光はカンタベリー。
リーズ城より移動後まず昼食をとり、カンタベリー大聖堂を見学。

09カンタベリー大聖堂1

カンタベリー大聖堂
イギリスのイングランド南東部ケント州のカンタベリーにある教会で、イギリス国教会の総本山。
7世紀にカンタベリーのアウグスティヌスがイギリスに布教し、修道院として建設された。
12世紀にヘンリー2世と対立した大司教トマス・ベケットが殉教したことから、聖地として多くの巡礼者が訪れる場所でもある。
礼拝堂の床に1本のろうそくが立てられていて、その下にベケットは埋葬されている。
ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』もカンタベリー巡礼者の物語である。
現在の建物は1070年-1180年にロマネスク様式、1379年-1503年にかけてゴシック様式で建設された歴史的建造物である。
この大聖堂は、カンタベリーに残る他の二つの重要なキリスト教建築、すなわち聖オーガスティン修道院と聖マーティン教会とともに、ユネスコの世界遺産に登録されている。
カンタベリー大聖堂の登録面積は 9.15 ha である。
フリー百科事典『ウィキペディア』より

09カンタベリー大聖堂2
09カンタベリー大聖堂3
上の2枚の写真は、建物を見上げて撮りました。

09カンタベリー大聖堂4
↑ステンドグラス
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。