ポチタマ写真館

ポチとタマの写真を中心に色々な写真を紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム~ホーチミンの休日~ 1

2008-08-09-Sat-10:10
6月25日から6月29日までベトナム・ホーチミンに行ってきました。

ベトナムでの宿泊先は、サイゴン川前の『リバーサイド ホテル』にでした。

リバーサイドホテル
サイゴン川のほとりに建つ、コロニアルスタイルの外観のホテルでドンコイ通りすぐそば。
泊まった部屋は、窓を開けるとそこは廊下で外は見えませんでした。

リバーサイドホテル ロビー
ロビーの様子

サイゴン川
ホテルから見たサイゴン川


統一会堂
統一会堂1
統一会堂(トンニャット宮殿 )はベトナムのホーチミン市の建物。
この宮殿の建設は1868 年に当時のベトナムを治めていたフランスによって始められ、1873 年に工事が完了した。                                
コーチシナのフランスの知事および1945 年までのコーチシナ のフランス総督によって建物は使用され、ベトナム戦争終結まではベトナム共和国の大統領宮殿だった。
政情の不安定な国のため建物の呼び名もたびたび変遷し、1873-1955 年の呼称は「ノロドン宮殿」1955-1975 年の間は「独立宮殿」、そして現在に至る。
1975年のベトナム戦争終結時に、北ベトナム軍の戦車が、当時は大統領宮殿であったこの建物のフェンスを破り突入、南ベトナムの首都サイゴンは陥落した。
その際の映像は「一つの国が消滅する瞬間」として全世界に配信され、有名となった。
フリー百科事典『ウィキペディア』より

統一会堂2
建物の屋上から見た街の風景。

統一会堂3
ベトナム戦争の時に爆弾を落とされた所に丸い印がついています。


サイゴン大教会
サイゴン大教会1
統一会堂の北東0.5kmにある大聖堂で、正式名称は「聖母マリア教会」
フランス統治時代の1880年に建造された赤レンガ造りのゴシック風の教会で、高さ約40mの2本の尖塔があります。
古くから町のシンボル的な存在となっています。
海外旅行準備室より

サイゴン大教会2
サイゴン大教会の中の様子


中央郵便局
中央郵便局1

中央郵便局2
1886~1891年の建築で、フランス人建築家による設計。
内部は大きなガラス張りのドームになっている。
鉄骨構造は当時のフランスの流行だったとか。
阪急交通社ブログ より


ベンタイ市場
ベンタイ市場
ベトナムのホーチミン市中心部にある大規模な市場である。1907年に建設が決定し、1914年に完成。
第二次世界大戦時に大きな被害をうけ、1950年に改修が行われ現在に至る。
伝統様式により建設された巨大な堂の中に個人商店が数畳の店を構えてひしめき合っている屋内市場である。
観光客向の店だけではなく、日用品や食料品を売る店もあり、大抵のものがそろえられる。
夕方以降は市場の両脇の通りを巨大な屋台が埋め尽くし、ベトナム料理を肴に酒を飲む観光客や地元の市民でにぎわう。
フリー百科事典『ウィキペディア』より

ちなみに、市場内の食品売り場付近はめちゃめちゃ臭かった。


ティエンハウ廊
ティエンハウ廊
1760年に建立されたベトナム最古の華人寺のひとつ。
福建系華人が信仰する航海安全の守り神ティエンハウ(天后聖母)が祭られている。
境内は線香の煙が立ち込め、人々の篤い信仰を物語っている。毎月、旧暦の1日と15日は多くの参拝者が訪れる。
地球の歩き方(旅スケ) より






スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。