ポチタマ写真館

ポチとタマの写真を中心に色々な写真を紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド(JTB旅物語・インド3都市周遊5日間) ~クトゥブ・ミナール~

2014-07-15-Tue-22:25
⑭クトゥブミナール
クトゥブ・ミナール(世界遺産)
インドのデリーにある世界最高のミナレット。
1200年ごろに奴隷王朝の建国者であるクトゥブッディーン・アイバクによって、クワットゥル・イスラーム・モスクに付属して建てられた。
ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっている。
おそらくヒンドゥー教・ジャイナ教の寺院などを破壊し、その石材を転用して制作されたものであり、建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されている。
ウィキペディア より

高さ72.5m、直径14.5m


⑫クトゥブミナール
アラーイ・ミナール
 高さ25m、直径24.5m
 クトゥブ・ミナールよりもさらに大きく、高い塔を建てようとした残骸。

⑯クトゥブミナール

⑰クトゥブミナール

ミナレット
モスクに付随し、礼拝時刻の告知(アザーン)を行うのに使われる塔である。
ミナレットはトルコ語のミナレ (Minare) に由来する西欧諸言語による名称で、アラビア語ではマナール (منار manār) あるいはマナーラ (منارة manāra) といい、光(ヌール)と同一語根の語であることから光塔と訳されることもある。
南アジアではミーナール (مينار mīnār) とも呼ばれる。


ポチタマ見聞録も宜しく。
ここをクリック



スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。