ポチタマ写真館

ポチとタマの写真を中心に色々な写真を紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 バルセロナ&ロンドン 周遊の旅 17

2012-07-29-Sun-16:23
グエル邸

ランブラス通りからノウ・デ・ランブラ通りを少し入った所にある。
見学は30分おきに出るガイドツアーに従って行う。
馬小屋として使われていた地下、それに続く1階の馬車庫、2階の中央サロン、そして奇妙な煙突のある屋上などを見ることができる。
天井から柱にいたるまでに施された装飾には、ガウディの特徴がよく出ている。
地球の歩き方[旅スケ] より

バルセロナ25

バルセロナ26
スポンサーサイト

2012年 バルセロナ&ロンドン 周遊の旅 16

2012-07-29-Sun-16:08
コロンブスの記念碑(コロンブスの塔)

1888年バルセロナ万博を記念して建てられた塔。
約60mの高さがある塔の頂上で、コロンブスがその右手で海を指している。
港側の入口から上の展望台まで、小さなエレベーターで昇ると、壮大なパノラマが楽しめる。
まっぷる より

バルセロナ24

次回は、グエル邸を紹介します。

2012年 バルセロナ&ロンドン 周遊の旅 15

2012-07-29-Sun-15:50
サンタ・マリア・ダル・マル教会

14世紀に建設されたカタラン ゴシック様式の教会。
この地域に住む海で働く人々の安全の祈って建てられた教会だそうです。
外から見ると、シンプルで、野暮ったくも見えますが、教会の内側はアーチ型の高い天井、壁を飾る繊細なゴシック様式のステンドグラスに彩られ、対照的な静かで美しい空間が広がっています。
このアーチ型の天井はコンサートにもぴったりらしく、ゴスペルのコンサートが行われたりもします。(クリスマスの時期に行われることが多いです)
2006年にこの教会をテーマにした小説が出版されベストセラーになりました。
この教会が地域の人に愛され、慕われている証拠なのかもしれません。
とっておきバルセロナ より

バルセロナ24

次回は、コロンブスの記念碑(コロンブスの塔)を紹介します。

2012年 バルセロナ&ロンドン 周遊の旅 14

2012-07-29-Sun-12:54
カタルーニャ音楽堂

オルフェオ・カタラン合唱団の本拠地として1908年に建てられた、ドメネクの最高傑作。
タイルや彫刻が施された正面玄関、色鮮やかなステンドグラスやシャンデリアで飾られた大ホールなど、ドメネクの美への追究が感じられる。
見学はガイドツアー(予約制)に従って行う。
地球の歩き方[旅スケ] より

バルセロナ21

バルセロナ22

バルセロナ20

次回は、サンタ・マリア・ダル・マル教会を紹介します。

2012年 バルセロナ&ロンドン 周遊の旅 13

2012-07-29-Sun-12:32
サンタ・カテリーナ市場

バルセロナの現代建築の代表作。
設計は現代のガウディと呼ばれつつも、2000年に45歳で亡くなられたバルセロナ生まれの建築家エンリク・ミラーレス氏とパートナーのベネディッタ・タグリアプレ氏、竣工は2005年です。
この建物を特徴付けるのはカラフルな曲面の屋根です。
野菜や果物の静物画をイメージしてデザインされ、約30万枚のセラミックタイルが使われています。
一方、外壁は古い市場のものが残されたものですが、新旧が違和感なく融合していました。
スペインでは、外壁だけ残された工事現場をちょくちょく目にしました。
建築ブックマーク より

バルセロナ23

次回は、カタルーニャ音楽堂を紹介します。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。